静物写真は形や色・質感を忠実に。女性は美しく・男性はカッコ良く・お子様は可愛らしく。出張撮影で「いい写真」を残すために行っている「撮影の工夫」ネタなど

集合写真!(とビデオ動画撮影)最も難しく依頼の多いお仕事ー令和2年(2020年)成人式 編

2019年6月以降ブログ更新をすっかりさぼっておりました。仕事としては物撮り(料理や商品など)の商業撮影が大半を占めている私ですが、昨年末、成人式式典の動画及び集合写真の撮影を一括でご依頼いただきました。

一眼レフでの動画撮影は、特に私が愛用するニコンはオートフォーカスが使えません(;’∀’)。いわゆる「リグ」を組んで三脚に乗せ、フォローフォーカスという機材を使い繊細なフォーカスおくりをしながら撮影することが必要です。そのためにはフォローフォーカス機材はもちろん、大きな画面でピントを確認するための外部モニターも必要です。それら一式を導入し、(もともと欲しかったので(;’∀’))本番の日までにセッティングと練習を繰り返しました。

動画はnikon D850をリグに組んで70-200mmF2.8G ED VR2装着、フォローフォーカスと外部モニターを装備して撮影。三脚はマンフロットの055とビデオ雲台502AH、ビデオ雲台専用のセンターポールを使用。記念写真撮影にはD810と24-70mmF2.8G ED+profoto B2+profotoA1を使います。フラッシュは左右に二本たて、それぞれLastoliteのアンブレラを反射式で使い光を拡散させました。

ライトを左右に設置

ビデオ撮影はバックアップに2台の固定カメラを別の場所に設置し、あとで編集で繋げます。マイクはAZDENのSMX-30を使いました。

お陰様で無事にすべて納品完了しました。写真は例のごとく、声がけをしながら5枚程度撮影します。ビデオは3台のカメラの映像を編集で繋げ、BGMやイメージ画像、動画などを交えてDVD1枚に収めました。

なお、私の撮影した集合写真のほか、成人式の実行委員会の皆様が撮影した当日の様子が高山市役所丹生川支所入り口向かって右側のエントランスに3/15頃まで展示されています。是非ご覧ください!

こういった式典の記録撮影等もお値打ちに対応可能です。お気軽にお問い合わせください!

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ