静物写真は形や色・質感を忠実に。女性は美しく・男性はカッコ良く・お子様は可愛らしく。出張撮影で「いい写真」を残すために行っている「撮影の工夫」ネタなど

七五三神事撮影(2018.10)

今年はお陰様で、このウェブサイトを通じて出張撮影のご依頼を多くいただいております!いつもありがとうございます。
この秋は特に七五三やお宮参りのご依頼が多く、幸せなご家族を撮ることで幸せを分けて頂けてるようでとても有意義な秋を過ごさせていただいております。

こちらのご家族からも、とても素敵な時間と癒しを頂けました!

場所は、テレビアニメや小説でも話題となった「飛騨一宮水無神社」。クライアント様より事前にこの場所で、とのご連絡と予約を頂いたので、早速連絡をとり、撮影許可と下見、施設内のご説明や注意点を伺ってきました。スタッフの方々はとても親切にご対応くださいました。
結婚式の撮影等ですと、なかにはカメラマンに対して辛辣な態度を取る会場スタッフも見受けられます。カメラマンがそんなに邪魔なのかと腹の立つ現場もある中、こちらの神社の方々はとても親身になって下さいました。改めてお礼申し上げます。

さて、当日は曇り空、施設内は当然「写真撮影には暗い」ので、フラッシュは必須となります。場所とシチュエーションによってはフラッシュ禁止とのことでしたので、そこは柔軟に対応し、FNボタンに発光禁止を割り当てて切り替えが瞬時に行えるようにしました。

こういったとき、高感度でも画質の良い最近のカメラはありがたいです。今回はD850とD810に、profoto A1をそれぞれ装着し、2台のカメラをぶら下げての撮影となりました。

当店では時間内に撮影された写真は失敗写真を除き全てデータ(L版印刷程度の解像度)にてお客様にお渡ししております。のちに、年賀状などでご自由にお使いいただけます。撮影料金は1時間1万円から。(出張費別途。場所によります、詳しくは→こちら

この秋、たくさんのご予約をいただいておりますが、まだ余裕はあります(笑)。お気軽にお問合せ下さい!

お問合せは→こちら

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ