静物写真は形や色・質感を忠実に。女性は美しく・男性はカッコ良く・お子様は可愛らしく。出張撮影で「いい写真」を残すために行っている「撮影の工夫」ネタなど

「もえりんちゃんねる!」に習え!女性を綺麗に撮る方法

女性youtuberのもえりんさん、とてもきれいな動画を撮影・編集して動画をたくさんアップしています。ものすごく自然な美しいライティングだなぁといつも拝見しておりましたが、つい先日アップされた動画に、その方法が詳しく解説されていました。いつも私が女性を撮るときに行っているセッティングとほぼ同じだったので、今日はそれをネタにしたいと思います。
まずは、下記のもえりんさんの動画をご覧ください。

如何だったでしょうか。ポイントは

  1. ライトを直接当てない
  2. なるべく、白くて大きいものに光を反射させる
  3. 顔の下からもライトを当てる

以上です。まず、ライトを直接当てないのは何故か、わざわざ白い天井や机に反射させるのは何故か。これは、

  • 光をより柔らかく自然な感じにする
  • 直接当てることで起こりうる顔のテカリや強い影を防ぐ

です。商品撮影でも人物撮影でも、私は常に「質の良い光」を作ることに注意しています。フラッシュ撮影が苦手だ、好きではない、というアマチュアカメラマンの方を多くお見受けしますが、これは恐らく、「光が強すぎて不自然な仕上がりになる」からかと思っています。確かに、真正面からフラッシュやLEDの強い光を被写体に当てると、例えば顎の下に濃い影が出来たり、立体感のない平坦な写りになったりします。

これらを防ぐために、例えば「白い天井にフラッシュを向けて反射させる」バウンスという光の当て方を行います。こうすることで、夏の太陽のように強い光が反射によりやわらげられ、拡散され、美しい質の良い光に代わります。私の尊敬するプロカメラマン Joe mcnallyさんがその著書で解説されていますが、「被写体から見てより大きい光源ほど光の質が良くなる」ということです。B5サイズのLEDライトから放たれる光と、6畳分ほどもある白い大きな天井全体から放たれる光、どちらが質の良い光か、一目瞭然ですね。

もうひとつ、顔の下からも光を当てる のは何故か。

上の理由と共通しますが、四方から柔らかい光を当てられる、からです。

天井バウンスした光は、上から降り注ぎます。結果、下側には影が出来てしまいます。下からも質の良い光を当てることにより、余分な影が和らげられ、美しい仕上がりになります。この、上下から光を当てるライティングを、「クラムシェルライティング」と呼ぶこともあります。ライトを上と下から挟み込むようにセッティングするさまが「クラムシェル、貝」のように見えることからこう呼ばれているそうです。

下の写真は、まだ私が修行中の頃、スタジオでモデルさんを撮る際にセットした様子です。

上のソフトボックスには小型フラッシュを仕込んであります。フラッシュの直接光では質が良くない環境だったので、ソフトボックスを通して柔らかい光を作りました。(オレンジの矢印)このスタジオは天井と壁が茶色だったので、バウンスで反射させると光が茶色くなってしまうため、バウンスはやめました。
そして、ピンクの矢印、これが下からの光になります。ベッドに腰かけてもらっての撮影でしたので、そのままベッドシーツにフラッシュの光を反射させました。ベッドシーツなどがない場合は、下になるべく大きくて白いもの(レフ版、布など)を敷いて反射させています。

このようにして撮ると、下の写真のように、顔全体に「柔らかい自然な光」が回って、女性の顔をより美しく表現してくれます。余談ですが、目を見ると、どのようなライトの設置をしたかがわかります。(下の写真の解説のとおりです。瞳の中に写り込むキャッチライトがフラッシュの光です)

如何でしょう。とても自然な写りで、顎の下の影も薄く、やわらかい仕上がりになったと思います。↓これは窓からの光は一切なし、全てフラッシュの光です。

この撮り方は女性モデルさんに好評で、手間はかかりますが時間と環境の許す限り行うようにしています。

写真の場合は瞬間の光でいいのでフラッシュを使いますが、動画の場合は定常光が必要になります。それでも、セッティング方法は同じです。

Instagramやyoutube等で、いかに美しくきれいな自撮りを載せるか、努力されている人が多い中、正にベストな方法をyoutuberのもえりんさんが紹介していたので、それにのっかって記事にさせて頂きました。

女性の皆さん、自撮りするときは

  • なるべく白くて明るい部屋で
  • 自然光が潤沢ならばベストですが、窓からの光などが期待できない場合はライトを2つご用意を!なければライト1つと、大きめの「白い」ハンカチや布を用意
  • 窓からの光が強すぎるときは、白いカーテンやベッドシーツなどで光を「やわらかく」して
  • 強いライトは直接顔に当てない
  • 上からのライトしかない場合は、顔のすぐ下(机の上など)に、なるべく大きめの白いハンカチなどを広げ、天井からの光を反射させて

これだけ手間をかけると、貴方の本来の美しさが際立ちますよ!

そして、そういった写真を撮って残したい、その時は是非ご依頼ください!

 

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ