女性は美しく・男性はカッコ良く・お子様は可愛らしく。出張撮影で「いい写真」を残すために行っている「撮影の工夫」ネタなど

フラッシュの設置位置で印象を変える

前回の記事の撮影でのネタをもうひとつ。

被写体の顔を照らすメインライト 最初はモデルさん向かって左側から照らしていました。つまり、カメラのレンズとほぼ同じ方向からのライティングです。↓

悪くないですが・・・顔もギターも綺麗に照らせていますが、なんといいましょうか、イマイチドラマチックでないというか・・・色の演出以外は平凡に見えますので、メインフラッシュ(顔用だけ)をモデルさん向かって右側に配置し直しました。

すると↓

顔の向かって左側に影が落ちて、いい雰囲気になりました!(あくまで私の好み、制作意図での話ですが)

写真は光と影が作り出すもの。ちょっとフラッシュの位置を変えるだけで、ずいぶんと印象が変わるものです。お客様に撮影依頼頂いた際は、ご希望を伺いながら、様々な撮影手法でご提案し、すぐに写真をIPAD等に転送、見ていただきながら仕上げております。

お客様それぞれの好み、制作意図、コンセプトなどを聞きながら、それらにあった写真を提供できるよう心がけております。

お気軽にご相談ください。

 

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ