女性は美しく・男性はカッコ良く・お子様は可愛らしく。出張撮影で「いい写真」を残すために行っている「撮影の工夫」ネタなど

【男性ポートレート】ライティングで雰囲気を出す

当店でウェブサイトを制作頂いたアルプスホビーの店主、谷口さん。初めてお会いしてから「誰かに似てるなー」ずっと思っていたのですが、あの映画「ダイ・ハード」で活躍していた時のブルース・ウィリスさんにそっくり!しかも、お店がエアガンとドローンの専門店なので小物(銃)はバッチリ揃っている!ということで、ポートレート撮影にチャレンジしました。
谷口さんの自宅8畳間が今日のスタジオ。ジョン・マクレーンばりにランニング1枚になっていただき、使う銃も同じものをチョイス。あとはライティングでどう雰囲気を出すか・・・

むき出しの腕と、顔の輪郭を強調するために、モデルさんの左右斜め後ろ45度にフラッシュ2台を設置。筋肉の凹凸と武骨な男らしい顔の輪郭を表現します。

メインフラッシュは頭上真上からソフトボックスで優しい光を控えめに当て、顔全体が明るくなりすぎないように微調整しました。

私一番のお気に入りは、アルプスホビー看板猫ちゃんとの1枚。マクレーンが大事なネコを救出に成功し、不敵な笑いを浮かべて敵に銃を向ける、というイメージで撮りました(^-^)↓ 流石看板猫、しっかりカメラ目線です!(^-^)


皆さんも記念写真に限らず、素敵な一枚を残しませんか?何時でも何処でもお気に入りの場所にカメラとライティング機材持参で「移動スタジオ阪上勝哉」が伺いますよ!

お問合せはお気軽に→こちら

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ